TOP

飲料自動販売機にはメーカー名が表記されるは当然ですが意味合いは?

メーカー名表記...見解...

飲料自動販売機に表記されるメーカー名、logo、、またはトップブランドをイメージする商品名
が無印の白ベンダーでもなければほとんどプリントされておりますね。

 

この自動販売機で売っている商品を皆さんにお知らせする大事な広告...でしょう..

 

ま、そんなことは言わずとも誰でも理解していること...

 

では、違う視線..で理解してみます..

 

 

人がモノの理解ができ始めたころ...子供のころから見ていた商品イメージを末永く記憶の中に
自然と保存しておくでしょう...

 

よいイメージであればなおさらですね

 

 

いつもコカ・コーラのネーミングを自然に眺めていた...長い年月...

 

すると人はそのものになんら違和感など感じること等ない...当然のモノと理解する

 

 

小さな広告でも末永く続けていれば...10年~50年と、それはさらに大きな...効果となる...

 

 

サントリー、アサヒ、キリンもしかりですね

 

こう考えるとやはり大手といわれる企業は、目先も当然大事ですが、20年、50年先のことを
踏まえている..という理解...

 

 

過去...大塚食品のボンカレーやオロナミンCドリンクの広告看板が田舎町の民家の塀等に
張っていた...今でもどこかに名残はある...

 

小さな子供のころから慣れ親しむ広告...それは未来を見据えた企業戦略...

 

それが、飲料自動販売機の展開に受け継がれている...

 

 

飲料自動販売機にはメーカー名が表記されるは当然ですが意味合いは?
自動販売機ライブラリー
トップページ

 関連するジャンルの記事

アサヒ飲料|記事File
清楚、純粋のイメージ色のアサヒ飲料を紐解いてみましょう
ダイドードリンコ|記事File
ダイドードリンコ,は飲料の販売を自動販売機に特化する特異企業ですが、設立と過去の特殊販路拡大についての流れを記事にしてます
キリンビバレッジ
キリンビバレッジ株式会社は、キリンホールディングスの完全子会社、中間持株会社の子会社で、三菱グループに属している自動販売機に主力を置く飲料製造販売企業
1000円ガチャと呼称される自動販売機の歴史?記憶をたどる
都内を中心に地方へと進出し販路を拡大中の面白グッズ自動販売機(ガチャ)、代表格は王様の宝箱と呼称されますが、歴史を、いや記憶をたどっての記事