TOP

自動販売機が求められる工事、建設現場

作業現場にドリンク自動販売機は必須でしょう...参考記事

工事現場、建設というジャンルで建物であれ施設であれ一つにまとめますが、過酷?な状況で
働く方々は、ネクタイ族などとは比較にならないほど体力を維持するためにエネルギー補給も
相応に摂取せねばならない理由に含めて大量の水分補給も必須なことなのですね。

 

一人の水分補給は、季節により大きく変異しますが、それでも通常の2倍、3倍は接種料が
多くなる....

 

ですので、体が水分を欲するときはすぐに補水できる環境が必要...
それが、工事現場でドリンク自動販売機が特に必要とされる理由なのです

 

過去の時代、1980年代前半までは、飲料メーカーの自動販売機とは無名(メーカー名無し、
通称白ベンダー)も含めて無償の貸し出しなどそのものがありませんで、工事現場などに
自動販売機は、今ほど多く設置されていない状況でした

 

ま、設置される例としては工事現場の関係者が近隣のお店にお願いして設置してもらう
そんな場合は、電気使用料も現場持ちで売り上げのバックマージンなどいりませんが通例...

 

そんな事情を知る酒屋さんとかの自動販売機大好きな方たちは大儲けした時代事情も
ございましたね

 

猛暑の時期、100人規模の作業員がいれば、一日2回フル満タンにしないと間に合わない..
そんな時代...
何分にも、コンビニなど存在しない地方では不便の解消になったのです

 

工事現場は儲かる...などの業界情報も流れる...

 

しかし、自動販売機を購入しなければならない..設備負担が障害となる...
工期も数年単位なら良いが、数か月とか一年では、設備負担費用の元が取れない...
とかの理由で...踏ん切りがつかない...

 

でも、目先の利くオペレーターサンでは、自費で自動販売機を購入して現場専門チームをで
運営していた例もございます...(ま、市場価格よりは安価で仕入れできましたので...)

 

そして、時代は流れ飲料メーカーが自動販売機を無償レンタルという営業展開に移行すると
障害となる設備費用が省かれる理由で徐々に現場の奪取争いも激しくなる様相を示すように
なるのです

 

 

では、今時さほど面白い話しではないだろう...ですね

 

でも、考えてみましょう
激戦続きで今や業界はやや疲弊気味...

 

大規模な工期現場でしたら、大手が占有するものの、小さな範囲に的を絞れば、まだまだ
入り込む余地はございます

 

小さな現場、工期が短い現場は大手は手を出さない...
オペレーターがすべて工事現場に興味を持っているわけでもない...工事現場はやらないと
している例もある...

 

工事段階で人員が不規則配置にあることから定期的な巡回計画が設定できない..
ま、諸事情でしょうか...

 

 

今や作業員の地元確保が難しいい場合、宿舎を伴うこともあり、人里離れた現場でも
確保すればそれなりに潤えるかな...

 

 

 

障害がございます

 

工期が短期の場合、レンタル自動販売機ですとメーカーが渋る可能性がある
やはりメーカーとしては長期で稼働する場所に設置したいが本音なので...

 

ま、これについては今までの実績で判断されますので何とも言えません

 

 

よくある例ですが、短期の現場は中古台を購入して専用に管理している事もあります
相応にお考えご判断下さい

 

自動販売機が求められる工事、建設現場
自動販売機での収益方法
トップページ

 関連するジャンルの記事

自動販売機活用 地方編 1
自動販売機をいかに活用すれば収益となるか? まずは地方での状況を解説いたします
自動販売機活用 地方編 2
自動販売機出の地方での活用ですが 会社 工場という 人が集中している場所を狙うという事例