TOP

不要な自動販売機の引き取り

自動販売機の引き取り

閉店したはずのお店の前に休眠状態、いや、ほとんど仮死状態の
自動販売機とは街中に限らず全国津々浦に点在しているでしょう.。

 

たとえ営業していなくとも、転倒して何かしらに影響を与えてしまえば
賠償問題、最悪刑事事件にまで発展してしまう可能性もございます

 

そんな危険な事態に巡り合う事は避けたいものですね

 

不要の自動販売機を処理する場合の選択肢は二つ

 

処理業者(自動販売機関連ではないを指す)に依頼する

 

自動販売機関、もしくは順ずる専門連業者に依頼する場合は、機種により
買取り対象があるかをご確認いただけます
対象の存在があれば、費用の支出ではなく収入へと転換できることもございます

 


 

ここでは、処理、廃棄を目的としてお話を進めます

 

あなたの市町村及び近郊には、必ず廃棄業者が所在するかと理解しております

 

ですが、廃棄業者にもいろいろと事情がございまして、対応できるか否かは
お問合せしてみなければなりません

 

どんな業者が引き取りしてくれるのか?

 

鋼材買取業
大手の会社ですと少量では経費が出ないのでと、断られる場合が多々ございますが
出入り業者を向けてくれと願えば、何とか対応可能?かもしれません

 

産業廃棄物業者
業者の事情により、できるかどうかが判断されます

 

到達しない場合は、市町村の環境整備課などにお問合せすれば処理先を
ご案内してくれます

 

しかし、何かしらの事情により不在の地域、もしくは業者にたどり着かないこと、
もしくは、処理費用が高額で条件が折り合わないこともあるわけですね

 

そのような事情でお困りの場合に限り、北関東、東北南部地域の範囲としますが、
ご連絡いただければお引き取りに参ります

 

でも、ここで問題なのが費用のことですね

 

日時の限定を強く求められない場合でしたら、その方面へ行く別な要件のある日に
合わせれば費用は軽減できます

 


 

引き取りに際してのお願い

 

自動販売機の引き取りに際して、公安委員会に引き取りの詳細記録を保存するよう
求められている事情もあり、以下に照らし合わせた同意が必要となります

 

依頼人本人が所有者であることの確認(免許証などの本人確認、署名は必要)
所有者の方が後不在の場合、相続権利者、または親族様の立ち合いが必要

 

自動販売機管理業として登録される会社、個人からの引き取りの際も同条件での
お引き取りとなります

 

上記に当てはまる引き取りが対象であり、以外はお受けいたしかねます...こと
ご了承ください 

 

交通費のみで完結できるようできる限りは善処いたしますので以下フォームで
ご連絡ください
お問い合わせはこちらのフォームから

 

 

不要自動販売機の引き取り
トップページ