TOP

自動販売機 都会の状況では?どう対処する

自動販売機 都会の状況では?どう対処するかを考えましょう

都会とは東京都内、およびその近郊都市部を指しての解説

 

含めて都会として説明します

 

街を見渡してみましょう
ありとあらゆるところに自動販売機が設置されていることと思います
人の集中するところに自動販売機あり....ということでしょうね

 

以前から飲料水自動販売機の管理体制は、その事情に合わせて一つに限らず複数の形態で
運営されています

 

飲料メーカー主体の子会社系列で管理される形で販売されるもの

 

飲料メーカーの代理店、特約店が管理するもの

 

設置地所所有が飲料メーカーより、自動販売機をレンタルし、管理するもの

 

飲料メーカー主体ではなく 自動販売機所有者が独自の商品陳列を行い管理運営するもの
インディーズの形態でしょうか、ちほうでもわずかに見られる傾向ですが、都会部では特にみられる
独立傾向の組織
飲料自動販売機は、自己購入したもので、飲料メーカーよりの指定商品販売の指示契約も
存在しないことから、独自采配の売れ筋商品を陳列する

 

消費税が増税されてもなんのその、100円とかの低価格で消費者優先の路線で運営している

 

 

どちらが良いスタイルなのかは批判する立場にはありません
あくまで利用は個々の判断です

 

 

場所によりけりですが、都会では一つの場所に複数の自動販売機が並んで設置されている
ことがよくございます

 

 

低価格で飲料水を提供する自動販売機もあればメーカーの希望価格で飲料水を提供する
自動販売機もございます

 

当初はこの価格帯に乱立はあったものの、メーカーの希望価格で飲料水を提供するはずの
自動販売機も低価格路線に切り替えねばならない事情に至る

 

売り上げ不振の影響か?

 

同調する動きも目立ってきております

 

 

でも、近隣に低価格で飲料水を提供する自動販売機が見られない場合は

 

メーカーの希望価格で飲料水を提供する自動販売機は、通常な価格帯で営業されている
こともあります

 

 

 

自動販売機 都会の状況では?どう対処する
小さな土地の有効活用
トップページ

 関連するジャンルの記事

土地を貸してはいけない自動販売機業者
せっかくのあなたの大事な土地を自動販売機業者にお貸しするならの注意ごとです 貸してはならない業者もおります
自動販売機の管理ができない業者は契約を打ち切る
大事な土地に自動販売機を収益目的で賃貸しする もしくは売り上げに比例してもマージンを収入とする目的は良いことですが管理ができない業者は契約を打ち切る
飲料水自動販売機を地所に設置させたけど、観察してみると?
飲料水自動販売機を地所に設置させて以降、よく観察してみると該当する売れ行き商品が陳列されていない。それは、あなたの提供する場所が軽視されているから