TOP

スポンサー広告

保守契約について理解する..

自動販売機の故障対策...費用の負担を軽減する手立てとして保守契約というサービスが
業界内には存在しますが、ユーザー様にとってどのように理解すればよいのか?
判断材料して説明しますね.....

 

自動販売機は作り物であり、常に稼働状態であるため.金属疲労による.摩耗..劣化症状などによる
トラブル...電気系統のエラー等々...いくつもの障害にめぐり合う確率は高いものです...
(まれに5年間トラブルなし...なんて例もあるので..それはそれとご理解願います

 

新台で購入すれば、通常1年のメーカー保証は付加されており、故障となれば連絡する...
出張費は請求されるかもしれませんけど、修理代は基本、部品交換であっても無料...でしょう...

 

○..リース契約、譲渡付きも含め..支払期間内は修理メンテナンスはリース会社負担と明記
される際は、譲渡以降の対応と理解ください...

 

 

しかし、保証期間が満了した以降は、出張費.修理(作業)費用..部品機器の交換があれば
総合で修理費用としての支払いを求められることになります..
.(冷酷、情け無用の請求も時には?)

 

自動販売機の修理費用とは、はっきり言って安価ではありません...
乗用車並みに高額なんですね...

 

人の心理で言いましょう..
車の修理費用は、負担に躊躇するものの請求金額は払えるんですね..
しかし、自動販売機はお金を稼ぐための大事な機械であるはずが、高額な負担はしたくない...
そんな心持の方が多い..?

 

銭を稼ぐ機械である特徴である故...修理費用と利益を損得勘定で判断する...

 

ま、自動販売機の故障で修理代金を請求された、または見積もりを提示されると理解できるはず..
経験者でなければ理解できない...不可解な人の心理ともいえましょう...

 

 

すみません..お話がそれました...戻ります..

 

保守とは保証期間終了以降の自動販売機修理にかかわるユーザーの実費負担を軽減する
手立てとして行われている一年更新の有料保守保全管理サービス..

 

大まかですが、契約時に年間費用を支払う..
故障の際、出張費、部品代は請求されるが修理作業費用は保守契約内で賄われる...

 

契約内容によりますが、定期的に現状確認、診断をサービス内に盛り込む例もある..
(良心的な例....)(通例は故障した時だけの対応)

 

 

対応企業例...いくつか..
生産メーカーが独自に行う..(メーカー事情により未設置もある)

 

販売店、もしくは自動販売機のメンテナンス業者がメーカーより委託を受けて構築する
サービス網..(取り扱う機種は限定される)

 

独自営業で販路を構築する自動販売機を取り扱う業者..
(複数のメーカー、多くの機種に臨機応変対応)

 

 

他の選択肢もございますが、とりあえずは上例が多くを占めています..

 

通例では、購入したメーカー関連企業から保証の終了以降...保守サービスの案内がある..
ですが、限りません...保守サービスに力を入れていない企業も多くあるので放置も多く
ございますね?
まずは、保証期間終了後の故障対応に不安があるなら購入先へご連絡...お問合せしてみましょう..

 

サービスの部署があるなら相応に対応してくれるはず...
でも、高額でとても利益相反で契約に至らない例もございます...


 

保守契約を依頼する...ですが、自動販売機とは、製造メーカーより購入したとしても
以外のサービス企業を利用することは自由...(判断は自己責任..)

 

しかし、高度な仕様を備える場合は、外部対応が困難..ですので、メーカー直接か、
指定サービス業者の選択内になります...

 

 

世に多く流通するジャンルの機種であれば、独自展開するメンテナンス業者でも対応可能...

 

 


 

さて、ここで保守契約とは修理費用を軽減するためといっておりますが、実際に有効な
手段であるのかを考えましょう...

 

保守契約の費用とは年間数万円.....数千円では収まりません...
そして出張費、部品代は負担でしょう?

 

出張費だけでみても一年に1,2度の故障なら....契約しない..実費払いの方が安価で済む..

 

3度なら...保守費用と同程度...何ですね...

 

ですので、4度め以降の故障が発生する確率のある機種であれば有効な対応となって
くるのですが、ここが判断に悩むところですね...
誰しも安価で済ませたい...でしょう?

 

保守契約以降、一年間一度も故障し無かった例も多くあるのが実情...ですが、頻繁に
連続トラブルに見舞われることもある...

 

と考えると...保険的意味合いでと理解するしかないようですね...

 


 

さて、保守契約とはどんな事情の場合必要とされるのか?

 

該当する自動販売機がそのお店、施設にとってとても大事な役目...を果たしている..
(収入源とも?)でしょうね..

 

しかし、購入した業者が倒産...解散してしまい故障対応がされない...

 

ネットで購入...メーカー品ではあるものの...以下..

 

製造番号プレートが外されているため...

 

古すぎて修理不能...

 

知り合いから購入...転売品はサービスを行う責任が無い...とか?

 

修理依頼をどこでも受け付けてくれない..

 

正規ルートであっても、高額負担を求められ...とても?という例

 

 

各事情はございますが、安心を確保するなら保守保全契約の選択...

 

 

ただし、上例でも記載の通り、めったに故障しない例も多々ございますので、保守契約を
推奨するわけではございません...

 

 

どうしても安心の確保を願うなら、良心的な保守業者の選択が大事..

 

良心的とは?

 

こんなこと書くには多少躊躇もしますが、保守契約したはずが、請求書拝見すると別段..
総合合計は、通常の単発修理と変わらない..

 

請求原因の名目こそ...保守サービス内で無償と記載されるものの...その他が?

 

これは、業者による事情...(あれこれは書きません)

 

上例のような事情に巡り合わないためには、やはり顧客を大事にする..良心的に運営する
業者を選別することがとても重要なんですね..

 

 

まず、良心的以外の記事は書きません...批判になるのでが理由..

 

良心的な保守業者とは、車の修理やさんと同じで、親切、丁寧..付け加えれば、状況に
応じて出張費など請求しない...(よくあること)...そんな業者を選ぶことですね...

 

 

紹介してよ...ですが、当サイトも全国ネットワークは備えないので情報不足...

 

やりようとしては、過去来訪の修理やさんに尋ねてみる...

 

近場の自動販売機を所有するお店、施設に紹介してもらう...

 

ネットで探す..

 

 

お探しする参考ですが、あなたのお住まい、またはお店、自動販売機の設置先から
半径50キロ以内に位置する業者を選びましょう..

 

できる限り近場の業者...

 

なぜかというと移動負担が容易に可能な範囲..

 

100キロも遠方では、出張費だけでも高額..すぐに来てくれない...

 

近場であれば、対応が早い...

 

車の修理やさん同様...近場であれば高額な請求はしずらい.?..でしょうか..

 

もしくは、家の建築やさん...大工さん..工務店さんを参考にすればご理解いただけるでしょう..

 

 

もし、お探し不能でしたら当サイトであなたの近くの業者をご案内いたしますので、以下フォーム
よりご連絡ください...
お問い合わせは、こちらのメールフォームから

 

お電話にては、09042259544  担当アイザワまでどうぞ..
留守電になることもございますが、できる限り早くご連絡します...

 

自動販売機の保守契約とは?|ユーザー向け理解..