TOP

スポンサー広告

強力な客寄せ自動販売機は過去のお話し

 

自動販売機の状況

 

過去時代、許認可制であることでライバルとの競合が避けられる性質上
設置すれば充分な利益が確保できた、ビール、たばこ自動販売機

 

すでに、ビール自動販売機は、販売制限の義務の厳しく売り上げ低迷へと
環境は衰退し、求められることもなく生産終了、

 

残るたばこ自動販売機も今後どうなることやら路線

 

たばこ自動販売機は、未成年が購入することを防ぐ
成人認証システム タスポカードの生産終了という事態で顧客の範囲は
過去からのリピートに支えられている状況

 

利用率は低下方向へ

 

JTでも自動販売機でたばこを売るという戦略はほとんど機能せず廃止へと

 

今後は、コンビニか専門店でお買入求めくださいと...いうことでしょう

 

 


 

自動販売機のジャンルで最大シェアを誇る飲料水自動販売機ですが
コンビニの台頭で総合売り上げは減少傾向

 

さらに拍車をかけるコンビニコーヒーの売り上げ増大に反比例する
缶コーヒー離れ

 

 

大都会、拮抗する都市部では、まだまだ開拓要素のある飲料水自動販売機ですが
地方では設置環境判断を間違えると

 

一日数本などの売り上げも計上される事態です

 

 

各オペレータが、設置環境を見直し自動販売機が必要とされる場所を
確保してゆくことが今後の課題

 

 

自動販売機の今現状
自動販売機に携わり収益を願う方への伝言
トップページ

 関連するジャンルの記事

自動販売機を自己管理する場合のお話
飲料水自動販売機を自己管理する土地に置いて 商品を自己資金で仕入れ販売するまでの注意事や経路