TOP

スポンサー広告

自分で仕入れ、販売する自己管理

一般的解釈でいえば、自己管理である土地に飲料水自動販売機を設置し
売り上げによる収益帆望むですが、.....いろいろあるんですね


 

自己管理する場合

 

自動販売機はメーカーよりレンタルでお借りする
商品は、メーカーの指定する卸問屋、もしくは代理店から仕入れる
販売価格から仕入れを差し引くで利益となるわけです

 

さて、ここから

 

自動販売機はどちらからお求めするのですか?

 

大手メーカーのネーム入り自動販売機はレンタルで使用することも可能ですが
どんな手順で申し込むのか?

 

コカ・コーラ、ダイドードリンコならその地域を管轄する営業所へ申し込む
大手酒類メーカーの場合、直接連絡して管轄する代理店を紹介してもらう
あなたが食品関係のお仕事で、問屋を知っていればそこで紹介を要請する
もしくは、関連する知り合いからのご紹介
おおまかではこんなところです

 

 

 

電気ものですので電源が必要です

 

宅前でしたら家庭用電源から引き込みは可能

 

以外の場所で、電気設備がない場合は、新たに設備を申し込まなければなりません

 

電柱と電気供給設備ですね

 

地域により費用にばらつきはあるかと思いますが、約8万円から10万円以内で
完了するかと思います

 

依頼するときは、取り付けする自動販売機のカタログを見せて容量を
判断してもらってください

 

10万円以上の価格が見積もられた場合は、ほとんどボリと判断しましょう

 

付随事項

 

自動販売機のお隣にはゴミ箱がございますね

 

管理責任者であれば、ゴミ、空き缶は自分で処分することになるので
処理施設も探しときましょう

 


 

販売用商品は、市販価格の70%~75%が仕入れ価格となります
仕入れは、レンタルをしてくれた業者から仕入れることに固定されます
例え、他スーパーなどでは仕入れ価格を大きく割り込んで販売している例も
見られ、安いものはあっても同一メーカーならそれでよいのではと思われえるかも
しれませんが、それはルール違反となります

 

レンタル条件の自動販売機とは、ひと月にあなたが何ケース仕入れたかを管理
しているのですね

 

メーカーでも、一台につき、ひと月何ケース仕入れたかが大事なこと
自動販売機とは、費用が掛かった財産物件であり、タダではないのです
元を取れる売り上げを望めるが、レンタルの条件

 

毎月10ケースほどの仕入れですと~たぶん元が取れないと判断され、引き上げ回収を
言い渡されることもあり得るでしょう

 

他で仕入れてますよは、レシートアリでも認められないお話となります

 

 

電気料金

 

過去の自動販売機で言えば月ごと一台5000円ほどでしたでしょう

 

現在は、ヒートポンプ式でしょうから、セレクションにより異なりますが、一台で
2000円以上3000円未満とみられています

 

例外
電気を供給する大本の契約が50A、60Aの場合は、基本料金が高いので
上記金額以上の計算式で請求されます

 

自動販売機とは、よほどの売り上げがないと利益があるかどうかも判断付かず
仕入れ費用をまとめて支払っているとそう感じられます

 

精査すると電気量で利益がすべて消え去ってしまうこともある
もしくは、赤字じゃんということも

 

ま、見た目よりはもうカランを念頭に置いて硬く管理しましょう

 

 

 

自動販売機を自己管理する場合のお話
自動販売機に携わり収益を願う方への伝言
トップページ

 

 

 関連するジャンルの記事

自動販売機の今現状
現状の自動販売機動向、過去の時代利益追従、および客誘導に特化したたばこ、ビール系アルコール自動販売機は消滅