TOP

スポンサー広告

お店経営の方はスムーズに事が運ぶ事情がある...

食料品店、酒屋さんを経営する方、もしくは跡取りさんが、自動販売機の管理、
オペレーター業務を副業としている例が多くみられます

 

食品関連のお店の場合、問屋さんときちんとした過去の取引実績であればメーカーに
推薦してくれますので飲料水自動販売機を借りることにさほどの面倒はありません

 

ですので、設置場所さえ確保すれば最初から複数台レンタルできるので、始めやすいという
点ではベストな位置におられると判断します

 

長くお店を経営していれば地域とのおつきあいであらゆる人脈も活用できるのでロケ先開拓も
容易に行える利点もございます

 

ですので、道筋などお話しなどしなくともこの位置におられる方は何事もスムーズに
事は運ぶでしょう

 

 

過去例、

 

酒屋さんの跡取りさんが、家業を次いだのですが、まだまだ親が現役で働くので
やることがない

 

で、飲料水自動販売機に目を付け、問屋さんと交渉して街のあちこちに設置して
副業程度のおこずかい稼ぎを始めたのですが、おこずかい程度では物足りんと50台ほどに
拡張しました例もございます

 

 

元来働き者でしたので、もっと拡張したかったのですが、これ以上忙しくなると
家業を継ぐなどという状況ではなくなるため制限したようです

 

ま、それでも月ごとの収入は十分で以降、いやいまだに管理業してますね

 

飲料水自動販売機とは、一度、管理コースを決めてしまえば、数年にわたり収入を
継続的に維持できるのです

 


 

まれな例..

 

関東地方のとある県でのお話し..

 

上記例に類似する営業を続けていた酒屋さんの後継者方なんですが、飲料移動販売機は
JT飲料をメインにあつかっていたのです

 

ある程度、管理台数が増えたころ、なぜか?日本たばこ産業より特約店になってくれないかと
オファーが提案されたのです

 

理由
JT飲料は、県内の各所に自動販売機をレンタルで貸与して、お店が商品を日本たばこ産業より
仕入れ自己管理するシステムなのですが、基本は契約する運送会社が定期的に巡回する
形態で品切れの時の臨時配送ができない...

 

また、運送会社は配達だけが契約なので、他ドリンクメーカーのような自動販売機管理no
不足商品を補充するお店の補助作業ができない...

 

季節ごとの冷温切り替えも日本たばこ産業の担当者に付加されることになり労力の不足

 

そのような状況下で、JT飲料の自動販売機に特化する準オペレーターに声がかかったのです

 

顧客担当者の推薦もございました

 

特約店に切り替わると、一度に400ケースとか800ケースのロット単位で通常以下の仕入れ
価格に変更されるわけですね

 

商品注文は直接お店より受け取り、納品代金は自己回収

 

 

当事者の言葉

 

JT飲料は、日本たばこ産業からの継続であるため納品に際し現金取引が基本で
自社仕入れ商品の支払いの資金繰りに困る事がない

 

ルーツ(Roots)ブランドも好調で売れ行きも良い

 

最初は、広範囲の配送ということで不安もあったが結果やってよかった...と...

 

以降、その方とは会う機会がございませんので其の後の経過は不明

 

 

ですが、ときは流れJT飲料はサントリーフーズに買収...はてさて?

 

 

よく見られる例 食品関連からの参入
自動販売機管理業、オペレーターを始める方への提言
トップページ

 

 関連するジャンルの記事

関連のない業種から参入する場合
飲料水、自動販売機ともに関連のない業種から参入する場合、副業感覚、サイドビジネスとして少しずつ、焦らず慎重にロケ先を拡張してゆく道筋
飲料水、ドリンクの売り上げは、地域によりメーカーの格差が見られる
飲料水、ドリンクの売り上げは、地域、温度差、環境が影響するのか、によりメーカーの種別に格差がみられるというお話
季節ごとの商品管理、保温飲料はできる限り短い期間で販売する
飲料水の冷却期間にはさほどの注意を置く必要はございませんが、保温する場合は変質するので長期保存は避けましょう。季節の変わり目は、さらに注意するべきことが.....
自動販売機の管理台数が相乗利益に相比例しない事情
管理する自動販売機台数を増やすことに目標を置いていても、それが推測する利益報酬に至らない事情もあるという例と対処
低価格のドリンク仕入れて通常価格で売れば儲かる?
大手スーパーなどで販売されている低価格(市場価格度外視)飲料を仕入れて自動販売機で売れば利幅が大きく儲かるはず?と理解して降りませんか?
夏直前、6月ごろから飲料機を自販機ロケを拡張したいとのお問合せ?
飲料自動販売機の展開を売り上げ増大が期待できる6月、夏を前にして始めたいとのご要望ですけど、 準備としては遅すぎる...でしょうか?
工事関連の宿舎、寮も高利益を期待するなら狙目の一つかな?
自動販売機のフルオペとして、建築、工事関連の作業員宿舎、寮ですね。利益確保の安定路線として、固定人員が所在する理由もあり、ロケ-ションとしては狙目と理解しますが?