TOP

スポンサー広告

暑くなる直前にロケーション拡張したいとですね?

飲料自動販売機を利用してのサイドビジネスか?何かしらの事情で興味を抱いた方より、夏直前を
スタートラインとして営業を始めたい...

 

記載時点、春の初旬ですが、今からでは早すぎる..

 

売り上げが最も伸びるであろう夏直前からがベストだろうとのプランで申し込みされる方がまれに
おります。

 

ビジネスのスタートラインは売り上げ、収益が確実に見込める時期を狙ってのことでしょうね..

 

せっかく運営プランを計画した...、方には申し訳ないことなんですが...?

 

 

ま、上例の思考判断は飲料系自動販売機を扱う...もしくは関連する方々であれば?と思うこと
でしょう。

 

夏の時期、ましてや猛暑であれば相応に売り上げは倍増するでしょう..

 

しかし、夏直前に...6月とか7月はじめとか...では、遅すぎると業界は判断しております。

 

事情により拡張予定の自動販売機の取り付けがずれ込むことも多々あるとして...数か月前から
各業者とも..(.別段、夏を目標とせずでも..毎に営業は仕掛けているのですね...)

 

夏が来るから自動販売機台数を拡張しようではない...夏は拡張より搬入でフル稼働...

 

 

夏を目標にしても...その時期にちょうど良いロケーションを見つけられるか?
...他社に先取りされています..

 

 

通例で進めるなら直前ではなく、数か月前から定番の売り上げが見込める箇所を確保する
事前準備が必要..

 

よしんばうまく事が運んだとして...

 

確かに売り上げは見込める時期です....
数年に一度6月ごろから10月初頭まで夏が続くこともあるでしょうが、通例でいえばその間隔は
極めて短いともいえましょう..いいときはいつまでも続かない..でしょう...

 

ドンと売り上げが上がった以降...夏以外の定番売り上げが不明では、以降の低迷に困り果てる
事もございます...

 

 

定番の売り上げでも十分営業が維持できる体制を確保したうえでスタートし、夏を迎えるが
望ましいラインだと思うのですが如何でしょう?

 

 

夏直前、6月ごろから飲料機を自販機ロケを拡張したいとのお問合せ?
自動販売機管理業、オペレーターを始める方への提言
HOME

 関連するジャンルの記事

関連のない業種から参入する場合
飲料水、自動販売機ともに関連のない業種から参入する場合、副業感覚、サイドビジネスとして少しずつ、焦らず慎重にロケ先を拡張してゆく道筋
よく見られる例 食品関連からの参入
食料品店、酒屋さんを経営する方が、自動販売機のオペレーター業務を副業としている例が多くみられますが、容易に始められるのでしょうか
飲料水、ドリンクの売り上げは、地域によりメーカーの格差が見られる
飲料水、ドリンクの売り上げは、地域、温度差、環境が影響するのか、によりメーカーの種別に格差がみられるというお話
季節ごとの商品管理、保温飲料はできる限り短い期間で販売する
飲料水の冷却期間にはさほどの注意を置く必要はございませんが、保温する場合は変質するので長期保存は避けましょう。季節の変わり目は、さらに注意するべきことが.....
自動販売機の管理台数が相乗利益に相比例しない事情
管理する自動販売機台数を増やすことに目標を置いていても、それが推測する利益報酬に至らない事情もあるという例と対処
低価格のドリンク仕入れて通常価格で売れば儲かる?
大手スーパーなどで販売されている低価格(市場価格度外視)飲料を仕入れて自動販売機で売れば利幅が大きく儲かるはず?と理解して降りませんか?